ネットワークプリンターとしての複合機

今や、オフィスの中心的マシンとして位置している複合機。

コピー機やFAX、プリンターとして、オフィスに必要なべーバー関連の仕事をほとんど司るのが、複合機です。

あまりにも多くの機能を有していいるので、全機能を使いこなせるど人はそんなにたくさんいないのでは、ないのでしょうか。

いずれにしても、複合機は現代のオフィス環境には必要不可欠な存在であることは間違いありません。

その中で注目すべきはプリンター機能です。

プリンターと言っても、1台のパソコンのアウトプットを担当しているわけではないのです。

オフィスにある全てのパソコンの印刷支指示を受けて順番に印刷をしています。

現在のオフィスか環境にあっては至極、当然のことかもしれません。

しかし、ネットワーク環境の構築とノートパソコンの配備があったからこそ、ネットワークプリンターのニーズが発生したと思います。

この時に複合機の存在がなければ、今でも専用のプリンター単体が使われていることと思います。

そのようなことを思うと、複合機は生まれるべくして出てきた産物と思うのです。