コピー機の寿命はどのくらいなの?

コピー機の寿命、つまり耐用年数はどのくらいかご存知でしょうか?

一般的にコピー機は、総コピー枚数によって、寿命の目安が判断されています。 そしてメーカー側が想定しているコピー機の寿命は5年だと言われています。それではなぜ5年が寿命として想定されているのでしょうか。それはコピー機のコピー枚数が5年で300万枚程度であると考えられているからです。つまり寿命かどうかを判断するためには、300万枚のコピーをしたかが関係するということです。一般的に5年で300万枚のコピー枚数が想定されているだけで、5年の期間が経たなくとも総コピー枚数が300万枚に達すれば寿命がきたと判断されます。

しかし、これはあくまでも目安ということを忘れてはいけません。コピー機の設置環境も要因として挙げられますし、定期的なメンテナンスによってその寿命も延ばすことができます。結局のところ、寿命を超えたためにすぐ使用不可になるということではありません。