ツイッターの位置情報機能は慎重に。

PR|経営者のための相談サイトオンラインで学べる英会話サイトWEB集客でお困りなら会社をブランディングするならマーケティングセミナーで従業員教育姫路市で相続裁判に勝てる弁護士

私はツイッターを5年以上利用しています。私の経験でツイッターを利用するにあたって注意が必要と感じた点をご紹介します。
ツイッターは出先で目撃した珍しい物やその時に食べている見栄えのいい料理のこと等、タイムリーなネタを手軽にスマホからツイートされている方も多いと思います。そうしてツイートする際にうっかり見逃しがちなのが、位置情報の項目です。
ツイッターには今いる場所を端末の位置情報機能を利用して取得し、その地名情報をツイート文の後に添えて投稿できる機能があります。
例えば、旅行先の観光地で撮影した写真に一言を添えて、そこに今いる位置情報も付けておけば記念のツイートになるでしょうし、知り合いやその地域に住んでらっしゃる他のツイッターユーザーから反応があるかもしれません。それがきっかけで話題になることもあるでしょう。
そういう点ではこの機能は便利なのですが、自宅での何気ないツイートをする時にうっかりこの位置情報機能が有効になっていると、自宅の住所という大事な個人情報が自分の意図せずに不特定多数のユーザーの目に触れられる状態になり大変危険です。ソーシャルビッグデータの分析に使われてしまう危険性があるのです。
ツイートの際には「位置情報を送信しても宜しいですか?」といった確認画面等もありませんので、ツイートボタンをタップする前に位置情報機能が有効なのか無効なのかを必ず確認する様にして下さい。ちなみに画像を添付するマークの隣に位置情報の有効・無効を設定するマークがあります。
また個人情報の観点で言えば、画像を添付してツイートする際にはその画像に個人を特定できる様な情報が含まれていないか、にも注意する必要があります。ツイッターの画像付き投稿を拝見していると、個人情報が何かしら分かる画像がかなり見受けられます。
特にインターネットの危険性の認知度が低い小中学生がツイッターを利用している場合は保護者が子供のアカウントを把握し投稿内容を定期的に確認しておくといった対策を講じる必要があります。

PR|工務店向け集客ノウハウ英語上達の秘訣健康マニアによる無病ライフ英会話ノウハウ勉強会|マーケティング経営研究.net|注文住宅のための用語集|ゴミ屋敷解消Q&A|新築一戸建てを建てる時に読むサイト|マッサージのリアル口コミ.com|